1. HOME
  2. 私たちの活動
  3. 賞/奨学・国際ネットワーク支援
  4. GWIニュース
  5. 2022年「国際ガールズデー」(IDOG)ソーシャルメディアキャンペーンを発表

賞/奨学・国際ネットワーク支援

高い志と大きな努力を支援し世界をつなぐ

GWIニュース

2022年「国際ガールズデー」(IDOG)ソーシャルメディアキャンペーンを発表

GWI UPDATE  2022年10月
GWI News 12 October 2022 より

――GWI 2022年「国際ガールズデー」(IDOG)ソーシャルメディアキャンペーンを発表

2011年、国連(UN)総会は10月11日をIDOGとして採択する決議を採択しました。この日は毎年祝われ、女子の権利の認知を促進する役割を果たしています。この日は、世界中で女子が直面しているユニークな課題を国際社会に想起させ、ジェンダーの不平等に関する問題を浮き彫りにする日となっています。今年、GWIは、世界中の女子を称え、直面している課題についての認識を高めるために、広く多様なオーディエンスに届くよう包括的なソーシャルメディア・キャンペーンを制作しました。このキャンペーンは、以下の通りです。

ご存知でしたか?
・約1,000万人の少女が児童婚の危険にさらされています。COVID-19の大流行により、経済的ショック、学校の閉鎖、保健サービスの中断が重なり、少女たちはより高いリスクにさらされています。

 ・世界の15歳から19歳の女子の約4人に1人が教育、雇用、訓練を受けていないのに対し、男子の場合、その割合は10人に1人です。思春期の女子と若い女性のための雇用へつながる道に投資することが重要です。

・少女が経験する不平等に取り組む投資を増やすために、政府高官、政策立案者、利害関係者を巻き込むローカルグループを創設しましょう。

・少女は主に性的搾取の被害者である(判明した少女の被害者のうち72%)。

・初等教育が1年増えるごとに、女子の最終的な賃金は10〜20%増加します。また、晩婚化、少子化を促進し、暴力にさらされることも少なくなります。

・少女たちの声を聞き、彼女たちが意思決定に参加できる場を育むことを含め、変革の取り組みの最前線にいる思春期の少女たちのリーダーシップを支援してください。

・世界のインターネットユーザーの男女格差は拡大しており、2013年の11%から現在では20%を超えています。最も格差が大きいのは、世界の後発開発途上国で43%です。悲しいことに、これは女子が質の高い教育を受ける機会に大きな影響を与えています。

・逆境を経て、機知と創造力、粘り強さ、そして回復力が生まれます。世界の6億人の思春期の少女たちは、スキルと機会を与えられれば、世界を変えることができることを証明しています。

・若い女性と少女、質の高い包括的な教育、そして彼らの幸福を優先する団体に投資してください

――GWIは、山漁女性のための国際デーに農村の女性と少女を称えます――

毎年 10 月 15 日の「農山漁村女性のための国際デー」は、グローバル社会における農山漁村部の女性と女児の無限の可能性、回復力、そして重要な役割を称えるものです。2022年の農山魚村女性・女児の祭典に向けて、GWIは、好評だった2021年の国際アドボカシー・ツールキットを再リリースします。このツールキットは、関係団体が農山魚村部の女性と女児の貢献と直面している課題について認識を高めるのに役立つものです。国際的なアドボカシー活動にとって重要なのは、このツールキットが、農山魚村部の女性と女児の生活と課題を、17の持続可能な開発目標に関連付けるものであることです。

2021年の国際アドボカシー・ツールキット
1 貧困をなくそう
世界では、5人に1人の少女が1日1.90米ドル以下で生活しており、この金額では十分な食料、住居、医療、教育が得られない。世界レベルで極度の貧困が減少している一方で、許容できないほどの貧困状態にある世界の10億人の人々は、農山魚村部に大きく集中している。女性の農民は、男性の農民と同様に生産的で進取の気性に富んでいても、土地、信用貸し、農業への資金投入、市場、の利用権利を行使することが出来ない。

2 飢餓をゼロに
3分の2近くの国で、女性は男性よりも食糧不安に直面する可能性が高い。慢性的に飢えている人の約60%は女性と少女で、その大半は農山魚村部に住んでいる。国連は、女性農家の生産量を男性の生産量と同等にすることで、飢餓人口を1億人減らすことができると試算している。SDG2の目標を達成するためには、教育が鍵となる。女子教育は、子どもの栄養不良の長期的な減少に43%寄与し、食料の入手可能性は26%を占めている。

3 すべての人に健康と福祉を
健康な生活と幸福は、様々な問題によって妨げられる可能性がある。低所得国では、農山魚村部の女性は都市部の女性より医療従事者のもとで出産する確率が38%低く、生命を脅かす合併症のリスクにさらされている。農山魚村部の少女は児童婚や強制結婚のリスクが高いため、親密なパートナーからの暴力、早期妊娠、母親の合併症、性病のリスクが高くなる。

4 質の高い教育をみんなに
世界中で2億6,300万人の子どもたちが教育を受けておらず、そのうち1億3,000万人が少女である。農山魚村部のコミュニティでは、この問題は特に深刻で、農山魚村部の男子の45%が学校に通っているのに対して、女子は39%しか通っていないことが分かっている。農村部の女子は、都市部の女子に比べて2倍も学校に通っていない可能性が高い。多くの研究が、教育が栄養状態の改善、健康状態の改善、家庭内暴力、児童婚、強制結婚、早期妊娠の減少につながることを示している。議論の余地なく、教育は農山魚村部の女性や少女に力を与えている。教育がなければ、これらすべての脅威が重なり、彼女たちの力を削いでしまう。

5 ジェンダー平等を実現しよう
世界的に見ても、ジェンダーの不平等は、農山魚村部の女性と少女から基本的な権利と機会を奪っているため、依然として対処が切実に求められている問題である。世界的に、農山魚村部の女性と女児は、児童婚や女性性器切除(FGM)のような複数の形態のジェンダーに基づく暴力(GBV)と差別の影響を不当に受けている。農山魚村部の女性と女児のエンパワーメント実現のためには、家父長的な態度や関連する社会規範に起因する深く根差した差別に対抗するために、ステレオタイプ、偏見、GBVと戦うために協調的努力と新たな焦点を当てることが必要である。

6 安全な水とトイレを世界中に
21億人の人々が、安全に管理された飲料水サービスを利用できないでいる。発展途上国の多くの地方で見られるように、家庭で水を確保できない場合、女性と女児は、長距離を移動したり、健康に深刻な影響を与える重い荷物を持ったりして、水を汲む仕事を頻繁に行う。これには多大な時間がかかり、有給労働や教育など他の活動への参加も制限されてしまう。

7 エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
世界中の多くの農山魚村世帯では、安価で信頼できる安全なエネルギー源を利用できないことが、女性と女児に深刻な影響を及ぼしている。2012年には、400万人以上の人々が、固形燃料による調理や安全でない燃料による暖房が原因となる室内空気汚染によって早死にした。そのうちの60%が女性と女児であった。さらに、農山魚村部の少女や女性の多くは、毎日何時間もかけて燃料を集め、重い荷物を運んでいるため、進学のための投資などの機会が大幅に減少している。

8働きがいも経済成長も
世界では、雇用されている女性の3人に1人が農業に従事しており、農業労働力のかなりの割合を占めている。しかし、低賃金または無賃金、虐待や搾取が残念ながら一般的な農業部門の非正規部分に女性が閉じ込められていることがあまりにも多い。その結果、農山魚村部の女性と女児は多次元的貧困、社会的保護の欠如に不当に苦しみ、搾取のリスクにさらされている。

9 産業と技術革新の基盤をつくろう
研究とイノベーションは知識経済を推進し、将来の雇用の基幹となるものであるが、憂慮すべきことに、女性は研究職の3分の1以下しか占めていない。建設業、製造業、エネルギー事業にも同様の格差があり、女性の従業員や意思決定者がまだ少なすぎる。生物多様性や固有技術に関する貴重な伝統的知識の保護者である農山魚村部の女性や少女の参加がないということは、世界全体として損失である。

10 人や国の不公平をなくそう
男性や都市部の女性よりも収入も資産も少ない農山魚村部の女性と少女は、所得の中央値の50%以下で生活し、極度の貧困と排除を経験する可能性が高い。すべての不平等を減らすためには、ジェンダー不平等の解消が急務である。GWIは、国際社会に対し、コミュニティ内およびコミュニティ間のあらゆる形態の不当な不平等との積極的な闘いを促進するよう訴える。

11 住み続けられるまちづくりを
2030年までに、世界の人口の60%が都市に住むようになると言われている。しかし、持続可能な都市とコミュニティを確保するためには、まず農山魚村部のコミュニティの持続可能性を確保することが不可欠である。農山魚村部のコミュニティが貧困によって不自由になると、農山魚村部の女性や少女は、収入がないために都市のスラムへの移住を余儀なくされ、そこで排除、差別、暴力、衛生設備の欠如などの複数の課題に直面し続けることがあまりにも多い。

12 つくる責任つかう責任
世界の物資は、人口と経済成長を上回るペースで増加しており、2050年までに世界人口が96億人に達すると、現在のライフスタイルを維持するために、ほぼ惑星3個分に相当する物資が必要となる。持続不可能な消費は、気候変動と環境破壊を引き起こし、農山魚村部の女性と女児の生活と機会に不釣り合いな影響を与える。GWI は、農山魚村部の女性のリーダーシップを促進するジェンダーに対応した気候政策の即時導入を求める。

13 気候変動に具体的な対策を
世界が気候変動に対して行動する必要性がますます高まっている中、農山魚村部の女性と女児が回復力の構築に果たす重要な役割は疑う余地がない。天然資源と農業が脅かされるとき、彼女たちは 戦線の最前線にいるのである。また、彼らは気候災害の被害を不当に受け、災害時に死亡する可能性が高いからである。さらに、気候変動は既存の不平等を悪化させ、農山魚村部の女性や少女をさらに取り残す可能性がある。

14 海の豊かさを守ろう
地球上の70%に広がる世界の海は、魚資源の減少、汚染、酸性化により危機に瀕している。女性は、資産や収入の代替手段が少なく、増大する損失に対する回復力も弱いため、海洋劣化のリスクに直面している。世界の海の汚染は、女性の生計だけでなく、女性の健康や子どもの健康にも影響を与えている。GWI は、海洋と農村部の女性と女児の権利を守るために、海洋資源に関する保全と持続可能な開発が必要であることを、集団で意識するよう促している。

15 陸の豊かさも守ろう
女性や少女、特に貧しい農山魚村地域に住む人々は、燃料、飼料、食料を森林に頼っていることが多い。しかし、土地の所有権が限られているため、損失に適応したり、土地の利用方法について決定したりする能力が低下している。ほとんどの人が本来持続可能な伝統について幅広い知識を持っているにもかかわらず、持続可能な生態系に関する意思決定から排除されることがあまりにも多い。GWIは国際社会に対し、女性と女児が森林などの土地に依存していることを認識し、陸上生態系の保護に取り組むよう要請している。

16 平和と公正をすべての人に
不釣り合いなことに、女性と少女、さらに農山魚村地域と先住民族の女性と少女は一層、平和の交渉と維持のための正式なメカニズムにあまり参加できていないのが現状である。これは差別的であり、農村部の女性と女児の声が意思決定プロセスで弱められ、ジェンダー格差が固定化されることにつながる。GWIは、ジェンダー不平等の根絶を通じて、平和で包括的かつ持続可能な社会を実現するというSDG16の達成を粘り強く推進している。

17 パートナーシップで目標を達成しよう
SDGsの成功は、連帯と協力への強いコミットメントに支えられた、それを実施するための十分な手段にかかっています。GWIは、国際的な連帯と協力なくしてSDGsの達成はありえないという認識を提唱し、国際社会に対し、政府、民間企業、オピニオンリーダーや資金提供者として活動できる機関との戦略的パートナーシップを促進し、農山魚村部の女性や少女に生涯学習の機会や意思決定のテーブルでの居場所を提供できるように支援するよう呼びかけている。

―――国連でのGWI――

第67回女性の地位委員会(CSW67)

歴史的に見ると、1947年の開始以来、2週間にわたる女性の地位委員会は、同じ考えを持つ女性たちが集まり、互いに話し合い、学び、主に女性と女児の権利を提唱する場となっています。CSW67は、「ジェンダー平等と全ての女性と女児のエンパワーメントを達成するための改革と技術革新、デジタル時代の教育」を重要課題として2023年3月6日から17日に開催されます。また、CSW62にて合意された結論、「農山漁村の女性と女児のジェンダー平等とエンパワーメント達成のための課題と機会」の見直しも行われる予定です。ECOSOCとの協議資格を有する国際NGOとして、GWIは「女性と女児の地位向上のため、遠隔教育の実施は不可欠な改革と技術的革新の克服を必要とすることを考慮したインターネット利用の拡大と遠隔教育の可能性」と題する書面を提出します。このステートメントは現在、ECOSOCに認定された他の団体に賛同者を募っており、最終的に決定されれば、広く公開される予定です。CSW67の詳細については以下(情報元英文はこちらをクリック)ご参照ください。

CSW67 (2023年)
女性の地位委員会の第 67 回年次会合は、2023年3月6日から 17 日まで開催される予定です。
世界のあらゆる地域の加盟国、国連機関、ECOSOC公認の非政府組織(NGO)の代表が、このセッションに貢献するよう招かれています。

テーマ
・優先テーマ: ジェンダー平等とすべての女性と女児のエンパワーメントを達成するためのイノベーションと技術的変化、およびデジタル時代における教育
・レビューテーマ: ジェンダー平等と農山魚村女性・女児のエンパワーメントを達成するための課題と機会(第62回会合合意結論)

事務局

委員会の事務局は、委員会の年次セッションの準備を促進し、その成果を確実にする上で重要な役割を果たします。事務局の任期は2年です。2002年、委員会は作業の改善と継続性を確保するために、通常会期終了後直ちに、新しい議長およびその他の局員を選出することのみを目的とした後続会期の初会合を開催することを決定しました(ECOSOC決定2002/234)。

女性の地位委員会の第67回年次会合(2023年)の事務局は、以下のメンバーで構成されています。

H.E. Ms. Mathu Joyini (南アフリカ), 議長 (アフリカ諸国グループ)

Ms. Pilar Eugenio (アルゼンチン)、副議長(中南米・カリブ海諸国グループ)

Antje Leendertse(ドイツ)副議長(西欧・その他諸国グループ)

Māris Burbergs (ラトビア) 副議長 (東欧諸国グループ)

アジア・太平洋諸国グループ副議長:今後指名予定

 

準備状況専門家グループ会議: ジェンダー平等とすべての女性と女児のエンパワーメントを達成するためのイノベーションと技術革新、デジタル時代における教育

 

セッションの成果

第67回会期中の委員会による優先テーマの検討結果は、全加盟国によって議論・交渉され、合意結論の形をとる。

第67回女性の地位委員会(2023年)についての詳細は、適宜アップロードされる予定。

NGOの参加

CSW67への登録は、2022年10月7日から2023年1月27日までECOSOC認定NGOを対象に開始されます。詳細については、登録ページをご覧ください。

前の号へ→