1. HOME
  2. 私たちの活動
  3. 賞/奨学・国際ネットワーク支援
  4. GWIニュース
  5. 会長からの書簡

賞/奨学・国際ネットワーク支援

高い志と大きな努力を支援し世界をつなぐ

GWIニュース

会長からの書簡

GWIアップデート― 2024年6月6日号

会長からの書簡

親愛なるGWI の皆様へ
はるか遠くから、こんにちは。

私たちの組織の創立の母である英国人教授のRose SidgwickとCaroline Spurgeon、そしてアメリカ人学部長のVirginia Gildersleeveは、第一次世界大戦後に、現在の大卒女性インターナショナル(GWI)の前身である国際大学女性連盟 (IFUW) を創立しました。彼女たちのビジョンは、大学卒業女性の国際ネットワークを確立することでした。彼女たちは、そのネットワークがさまざまな国の大学卒業女性間の友好的な関係に貢献することを望んでいました。来月 7 月 11 日にGWI創立 105 周年を祝い、6 月 5 日と 6 日にノルマンディー上陸作戦 80 周年を記念するにあたり、世界を圧政から解放した人々の奉仕と犠牲、そしてGWI創立の母たちの先見の明は、私たち全員にとって教訓となります。

皆様の多くがご存知のとおり、Virginia Gildersleeveは、国連憲章が協議された1945 年のサンフランシスコ会議に、米国政府代表団から派遣された唯一の女性でした。彼女は憲章に「人種、性別、言語、宗教による差別のない、すべての人の人権と基本的自由の普遍的な尊重」を組み込むように提言して採用されました。また、生活水準の向上、完全雇用、経済的および社会的進歩を促進するための要件も求め、これが人権理事会の設立につながりました。Eleanor Rooseveltの指揮の下、この理事会は 3 年後に世界人権宣言 (UDHR) を起草しました。これらの原則はその後、さまざまな国際条約、地域人権文書、国家憲法に詳述されて、組み込まれてきました。

Virginia Gildersleeveと IFUW は、人権の発展に中心的な役割を果たしてきました。Rene Cassinが人権の父だとすれば、Virginia Gildersleeveはこの分野の先駆者として人権の母です。GWIの会員であることは、私たち全員が人権活動家であるという名誉の証です。

連合軍、イギリス、フランス、アメリカ、カナダの兵士たちに敬意を表します。周知の通り、ノルマンディー上陸作戦において、彼らの勇敢さが人類を救いました。彼らの並外れた勇気は、言葉では言い表せません。これは史上最大の海上および空からの侵攻でした。Camilla王妃や他の人たちと同様、私も彼らの勇敢さに感動しました。

私たちは皆、戦争に関わった人を知っているでしょう。私は3人も知っていることを光栄に思います。私の亡き父はイングランド北部のニューカッスル・アポン・タインの医師で、戦時中は診療所を開き、負傷兵の治療をしていました。叔母も医師で、父が政府の委員会で出張中は診療所の世話をしていました。2022年に大英博物館は、彼らに敬意を表して「コミュニティの英雄」と題した展示会を開催しました。英国大卒女性連盟(BFWG)のGill Ramsayがオープニングに同行してくれました。私が通っていた高校(イングランド中部)の校長、Veronica Owenは暗号解読者でした。女性は戦闘に参加することが禁じられていました。彼女は19歳の英国海軍婦人部隊員(WREN)の暗号解読者として地下100フィートの場所で働き、機密性の高い軍事作戦に従事しました。「そしてあなたがたがここを出発するまでには、見ていてごらんなさい、我が軍隊はフランスに到着していますよ」と上司が彼女に告げました。もちろん、彼女はそのことについて話すことはありませんでした。背が高くて優雅な女性で、故Elizabeth女王に似ていた彼女に、私たちは最大の尊敬と称賛を抱いていました。

私の家族の親しい友人で、フリータウンで一緒に仕事をした弁護士(シエラレオネ最高裁判所で報告された事件で私を指導してくれました)のUncle Johnny、別名John H. Smythe QC(勅撰弁護士) , MBE(大英帝国5等勲爵士)は、18か月間ナチスの戦争捕虜でした。イギリス空軍の飛行隊に所属していた彼は、1943年にドイツ上空を飛行中に撃墜されました。戦闘機の残骸から6フィート4インチ(193cm)の黒人男性が出てきたのを見た時のナチスが、どれほどショックを受けたかは想像に難くありません。彼は尋問され殴打されましたが、生き延びました。ドイツ降伏時に彼は釈放され、シエラレオネの司法長官になりました。

私がこれらの話を皆様にお伝えしているのは、私たちが彼ら全員に感謝の気持ちを抱き、彼らの人生が模範的だからです。彼らは謙虚で、不平を言わず、利他的な人でした。Charles国王がおっしゃったように、忘れないことが私たちの義務です。このような歴史が、私たちの加盟国連盟・協会(NFAs)、理事会および役員、委員会、プロジェクト、アドボカシー、会議、ウェビナー、フェローシップ、そのほか多くにその役割を明確にしていると同様に,私達の役割を明らかにしています。

理事会は 2023-2025 年の 3 年間の半分を終え、私たちは誇るべきことをたくさん達成しました。これはチームの努力であり、皆様のサポートがあってこそ実現できるものです。献身的な GWI 副会長の Dr. Meera、Dr. Shirley、Dr. Ujwala、 Mildred、Shaila、および会計担当の Sudha に心から感謝します。さらに努力を重ねてくれている事務局長の Stacy には特に感謝します。

皆様方に 105 周年記念式典のビデオをお送りいただけることを楽しみにしています。というのは、GWI が多様で包括的なリーダーであることを示すために、各連盟加盟国・協会(NFAs)の活動をまとめることが重要だからです。

追悼と敬意を込めて、
Patrice Wellesley-Cole、会長
大卒女性インターナショナル / GWI
ロンドン・ハムステッド・ロータリークラブ会長、2023-24年
オックスフォード大学セントヒューズカレッジ名誉フェロー
経済平和研究所 / IEP アンバサダー

 

 

GWIアップデート― 2024年6月19日号

ヘイトスピーチと闘う国際デーに、GWIはインタビューを収録したビデオとインフォグラフィックを公開

 6月18日に世界中が「ヘイトスピーチと闘う国際デー」を迎えるにあたり、GWIはヘイトスピーチが女性に与える深刻な影響に焦点を当ててヘイトスピーチ撲滅に向けて積極的に提言し続けています。この日を記念して、GWIは強力なインフォグラフィックと、女性を標的としたヘイトスピーチについて語っている学生や関係者とのインタビューを収録したビデオを公開しました。2023年には、GWIはヘイトスピーチ、特に性差別的なヘイトスピーチに対処すべき緊急の必要性を強調した政策ポジションペーパーを発表しました。ヘイトスピーチはジェンダー不平等を助長するだけでなく、マイノリティに対する暴力を増大させ、人権、包括性、文化的多様性を包括的に損なうものです。これらの資料は、ヘイトスピーチがジェンダーの不平等に及ぼす影響を強調し、教育システムにおいて可能な解決策を探るものです。ビデオ、プレスリリース、政策文書へのリンクを含むインフォグラフィックにアクセスするには、ここをクリックしてください。ビデオはこちらを、プレスリリースはこちらをクリックしてください。

大卒女性難民のためのHegg Hoffet基金の申請受付は6月20日から8月15日まで

 大卒女性難民のためのGWI Hegg Hoffet 基金の最新の申請は、正式に2024年6月20日から8月15日まで受け付けています。Hegg Hoffet基金は、戦争、政変、あるいは、その他の緊急事態のために困難に直面している大卒女性難民を支援することを目的としています。再教育コースや言語トレーニングや多面的サポートのために、最高3,000スイスフランまで短期奨学金を提供します。応募資格と応募方法についてはこちらご覧ください。

 

GWI、105周年記念式典に向けて、加盟国協会にビデオの提供を呼びかける!

7月11日に開催される創立105周年記念式典に向けて、GWIはNFAsに対し、それぞれの豊かな歴史と遺産をまとめたユニークで表現豊かなビデオを制作するよう呼びかけています。創造力を刺激するために、GWIはNFA会員に対し、文化的アイデンティティを披露したり、興味深いインタビューを行ったり、歴史的な写真のコラージュを作ったり、重要な節目の出来事を語ったりすることをおすすめします。それぞれのビデオは2024年7月11日にGWIの105年の歴史と目覚ましい功績を祝し、特別編集版で24時間にわたり紹介されます。会員の皆様には2024年7月1日までに、このフォームを通してビデオの提供をお願いします。GWIは、すべてのNFAが率先して参加し、自分たちの独自性と功績を披露する機会をつかむことをお勧めします。詳しい情報はこちらをご覧ください。

GWI若手会員ネットワーク(YMN)共に成長する対談シリーズ
Sudha Srivastava YMN会長兼GWI会計担当副会長からのメッセージ

 Sudha Srivastavaの積極的なリーダーシップの下、GWI YMNは人数と多様性を増しています。毎月の対談シリーズ「共に成長する」は、YMNから毎月1、2名の若い女性にスポットライトを当てているのですが、大変好評です。このシリーズは「若手会員による若手会員のためのもの」です。GWIの若手会員なら誰でも参加できます。5月は対話型集会で、着こなしの言葉について学ぶことを楽しみました。今月、6月の談話では、「2つの半球を回転させ、知覚チャンネルを活性化させることで、脳を100%使う方法」を探る予定です。詳細は以下のチラシをご覧ください。談話シリーズへの登録はこちらから。GWI YMNは、GWI NFAsに所属するすべての若い女性が、GWI会員には無料になるYMNへ登録することを歓迎します。新しい会員もGWIに入会してYMNの一員なることを歓迎します。GWI YMNへの登録はこちらをクリックしてください

 

前の号へ→