セミナー・イベント セミナー・シンポジウム


 シンポジウム

○終了しました。
1.期日:2014年11月8日(土)10:30~16:40
2.会場:日本女子大学教育文化振興桜楓会 桜楓2号館
3.シンポジウム テーマ:「女性の自立とは?」
4.趣旨及び目的 
  自立した男女が互いを生かし、助け合って共に生きる男女共同参画社会の実現に向けて、様々な施策が進められてきた。法制度はある程度整いつつあるといわれているが、依然として女性の不安定な在り様は社会問題として根深く、性別役割に固執する社会通念が残存している。輝く女性がいる一方で、103万円や130万円の壁、非正規雇用などの就業問題、特に若い女性の貧困問題、それに関連しての子どもの貧困など、社会のひずみが顕著になってきており、女性の自立は益々困難な状況を呈している。

女性の自立を阻むものは何か。2014年度の本年は、女性と税制、経済などの背景を探るとともに女性の働き方の多様性を探り、討論の契機とする。

シンポジウム資料
講話 坂本里和氏 
(経済産業省 中小企業庁創業・新事業促進課長)
        資料 その1その2その3
基調講演 竹信三恵子氏
(和光大学教授 ジャーナリスト)
        資料 その1その2    
会長挨拶 中村久瑠美 
        資料 その1   






 

 セミナー 

○2015年度全国セミナ―は終了しました。
(2015年10月17日~18日)

 セミナー報告書    
 アンケート結果

 (2016.3.15 up)


基調講演 
「女性の自立をはばむものは何か?」 
鹿嶋敬氏 
参考資料(第4次男女参画基本計画素案)

支部発表
茨城支部  「対話から学ぶ これからのワークライフバランス」 
神奈川支部 「女性の活躍のため、大学女性協会が提言できることは何か」
静岡支部  「女性の自立~世界の女性と連帯し、世界と地域を結ぶ~」

委員会発表
女性エンパワーメント委員会
「めげないわたし」養成講座 
委員長資料 受講生資料

講話 「配偶者控除について考える」
講演 「行政相談と女性の社会参画」 
茨城行政相談委員協議会
分科会
「考えよう! 女性と法律・社会通念」
「どうする? 女性と税制・社会保障」

   






 

 

セミナー・シンポジウム各種奨学金 贈呈式・報告会研修会・講演会コンサート事業委員会その他のイベントお申し込み・お問い合わせ

  お問い合わせ
入会案内

定款
公開情報

プライバシーポリシー